ISO
QUALITY ASSURANCE,
ENVIRONMENTAL PRESERVATION

品質保証・環境保全

不良ゼロが求められている時代の今、我社はこれまでのプラスチック業界の古い体質からの見直しを行い、品質管理、品質保証を独自で進めてまいりました。
それは、何も難しいことではなく 本来日本人が持っている、人及び物に対する情の部分を取り戻し、それを生産過程に取り組んで行きたいと思っております。

品質方針

当社は、顧客の信頼と満足の向上を目指し、全ての製品に対し、「品質」「コスト」「納期」の高揚に努力するとともに、安全で環境に優しい製造方法に徹することで地域社会に貢献します。

品質管理の取り組み

ISO認証概要

ISO

世界に通じる製品の製造継続のため、常に品質維持・品質管理に取り組んでおります。
また、当社では、プラスチック射出成形品の製造においてISO9001の取得を完了しております。

適用規格 ISO9001:2000
認証番号 15039
登録事業所 株式会社プラコー
認証機関 ユーアールエスジャパン株式会社
認証日 2005年4月10認知

環境保全への取り組み

地球温暖化や石油資源の高騰により、企業が地球環境保全に関する責任を問われる時代になっています。
弊社が取り扱うプラスチック材は、エンジニアプラスチックからスーパーエンジニアプラスチックまで取り扱っており、難燃性V-0タイプ(難燃剤入り)という極めてリサイクルに不向きな材料がほとんどです。そういった材料を扱う中でも、できる限り環境問題に取り組んでいます。
環境を考えるということは、皆様に安心して使ってもらえる「良い製品」に繋がると考えています。

  • ・原料歩留まりアップ(不良品を作らない)
  • ・プラスチックス残材の有効活用の検討
  • ・コピー用紙はリサイクルペーパーを使用
  • ・社内ゴミの完全分別化
  • ・生産トラブルを起こさない
  • ・空調温度設定による(冬20度:夏28度)節電に努める
  • ・リサイクル業者を内容で選定している